モンクレール(Moncler)とは

モンクレールというブランドをご存知ですか?
モンクレールというのは、レネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンが1952年に創業した、プレミアムダウンウェアで有名なファッションブランドです。
モンクレールというブランド名は、フランスアルプスグルノーブル郊外の小さな村「モネステ・ド・クレァモン:Monestier de Clermont」の文字を組み合わせた造語。 モンクレールが創業された当初は、テントやシェラフ(寝袋)など登山家のための装備を手掛ける企業でした。そして、工場で働くスタッフの防寒用に手足を出すことができるシェラフを作ったことが原型になって、ダウンウェアが誕生しました。世界で最初にダウンウェアを作ったのがモンクレールなのです。

モンクレールのダウンウェア

MONCLER( モンクレール)ダウンジャケットなどで男女共に人気の「モンクレール」!モンクレール(Moncler)のダウンはグースの産毛を使用しており、AFNOR(フランス規格協会)から最高品質のキャトルフロコン4Floconsを取得しています。このキャトルフロコン4Floconsクオリ ティーのダウンは供給量が限られており、モンクレールのダウンウェアは大量生産ができません。長年のモノ作りの経験で、ダウンウェアの各部位には最適なグ ラム数が1gごとに決められており、職人により厳密に守られています。その結果、軽やかで暖かく、包み込むような着心地のダウンウェアとなるのです。 1952年、フランス・グルノーブル郊外の小さな村 monestie de clermont (モネスチエ・ドゥ・クレールモン)にて創業。村の頭文字を取って名付けられたブランド、それがMoncler(モンクレール)です。60年代、モンク レールは本格登山用ダウンで培ったノウハウを活かし、洗練されたデザインのスキーウェアを発表。これが大人気となりました。さらに、1968年、第10回 冬季オリンピック大会で、フランスのスキーチームの公式スポンサーに認定されました。そのオリンピックからフランスの国鳥である”オンドリ”がモンクレールのシンボルマークとなり、商標として使われるようになったのです。その後、パリのセレクトショップなどで扱われるようになり、機能性とファッショナブル さを両立したアウターとして、現在の地位を築き上げました。

モンクレールの魅力

 

モンクレールは、冬だけのダウンウェアファッションだと思われがちですが、実はいろいろなアプローチがあり、ダウンウェアのほか、バッグ類の種類も豊富で、トータルなファッションが楽しめるオールシーズン使えるモンクレールなのです。

モンクレールは、もともと登山家のあいだで知られており、日本でも一部の人のあいだでファンの支持を得ていましたが、キムタクこと、木村拓哉さんがコマーシャルで着用して以来、ものすごい勢いで人気が出て、広くブランド名が知られるようになり、いまではトレンドマークのような存在を誇るようになり、プライスがエクスペンシブな割りに、発売してすぐ完売するケースも少なくないくらい根強い人気があります。

モンクレールブームの火付け役は人気タレントだといえますが、多くの国で長く愛され続けてきたからには理由があります。モンクレールの本当の魅力は、やはりモンクレールならばの品質のよさでしょう。モンクレールは軽やかで、暖かく、しかも肌触りもよく、デザインもおしゃれで、汚れにも強い。この機能的でファッショナブルなところが魅力満点なのです。そして、モンクレールの細かな気遣いも人々を魅せ続けてきた理由でしょう。

たとえば、強度のある素材へのこだわりや、ボタンやポケットの裏地の処理に対する心遣いなど、モンクレールの製品を隅々まで見て、実際に使ってみると、素材から仕上げまでのその完璧ともいうほどに心地よさを感じさせますので、自然と長く愛用するようになるのです。

普段はダウンウェアを敬遠している人でもモンクレールならば一度は着用してみたいという気持ちにさせてくれるのがモンクレールであり、しかもモンクレールを一度肌に身に付けるともう手放したくなくなるのもモンクレールの素晴らしいところでしょう。ただし、モンクレールの難点は、プライスが高いという点ですが、長く着続けられるということを考えると安い買い物のような気もしますが、モンクレールでのお買い物はじっくり考えてからするとよいでしょう。

モンクレール ダウンジャケット

モンクレールのダウンジャケットは日本でも多くのファンがいますが、フランスで生まれたダウンジャケットのブランドで現在では世界各地で愛されるブランドとなっています。ヨーロッパでは上流階級の人達から長い間愛され続けているブランドとなっています。

モンクレール 2014(Moncler)